両頬を触る女性

専門性の高い治療

脱毛の方法には種類がある

テレビCMや広告などで脱毛エステサロンの宣伝が盛んにされ、脱毛が広く知られるようになってきました。こうした宣伝をよく見かけるようになったのは、すなわち多くの女性が脱毛に取り組んでいるということです。ムダ毛の自己処理はわずらわしいだけでなく、肌が黒ずんだり傷めたりと多くの問題があり、女性の悩みの1つにあげられてきたのです。そんな悩みを解決できる唯一の方法が脱毛とあって、しかもCMなどの宣伝効果もあり、一気に人気に火がついたようです。ただ、注意しておきたいのは、脱毛はエステだけで行われているわけではないということです。実は、脱毛の施術方法は複数あり、エステの他では美容外科や美容皮膚科といったクリニックでも行われ、その特徴に大きな違いがあるのです。脱毛にチャレンジする前に、それぞれの特徴をよく比較してから自分に合った施術方法を選ぶと良いとされています。

エステの光脱毛とクリニックの医療レーザー脱毛

エステで行われている脱毛の施術は、強い光を使った光脱毛という方法です。この光は、毛根のムダ毛のもとであるメラニン色素に反応するもので、照射することで毛根にダメージを与え、毛の育成を抑えます。特徴としては、穏やかな作用で肌に優しく痛みがほとんどないこと、広範囲に及ぼすため施術時間が短く済むことなどがあげられます。一方、クリニックでは、医療用レーザーを使用した医療レーザー脱毛で施術を行います。医療レーザー脱毛も光脱毛と同じく、毛根のメラニン色素にダメージを与えますが、光より強力なレーザー光とあってその効果は遥かに高く、毛根を破壊するほどと言われています。そのため、医療レーザー脱毛は唯一永久脱毛が可能な方法と認識されているのです。ただ、医療レーザー脱毛は威力がある分やや痛みがあるとされ、また医療行為とあって料金もエステよりやや高いと言われていますが、痛みはレーザーの出力を変更できる上、痛み止めを使用することもでき、また効果が高いことから施術回数が少なく済むため、トータルではそれほど変わらないとされています。